特許検索・文献検索

特許
https://patents.google.com/
https://worldwide.espacenet.com/?locale=jp_EP
https://www.jpo.go.jp/indexj.htm

文献
https://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja
http://ci.nii.ac.jp/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

海外出張チェックリスト

最悪コレだけあれば海外に行ける!
・パスポート(6ヶ月以上残存)
・ビザ(ビザフリー国はESTAやeTA等を登録しておくこと)
・クレジットカード(VISAかMasterで2枚以上) ※カード会社に電話すると限度枠の一次引き上げ(一次増枠)が可能!

(1+x)^n

二項定理の応用で必ず紹介されるのがコイツ。

xは、無茶ちっちゃい数。
1>>xとする。
0.01とかそんなんだと思えばよい。

(1+x)^n

なんだが、無茶ちっちゃい数^2は無視してよいというルールに基づけば
x<<1 x^2~=0 なので nCr a^n-r brより nC0 1^n-0 x^0 + nC1 1^n-1 x^1 = 1+nx + 0~ 1+nx n乗が、かけ算になり、次数下げに成功した。 P.S. なんとこれをテーラー展開というらしい。 1次のテーラー展開と呼ばれる。 ちなみに0次のテーラー展開は、1となる。 P.S.S x=0周りでn次近似した場合は、マクローリン展開と呼ぶらしい。

二項定理

bを主役において
n個の袋からbを選びだす(順番は関係ないので組み合わせ)ときの場合の数が係数となる。

(a+b)^n=Σ[r=0->n]nCr*a^n-r*b^r=Σ[r=0->n]n!/(n-r)!r!*a^n-r*b^r 

ここで
nPr=nCr*r! ー①
nPr=n!/(n-r)!ー②
①②より
nCr=n!/(n-r)!r!

P.S.

aとbには対称性があるので、実は下記のように書いても間違いでない。
(a+b)^n=Σ[r=0->n]nCr*a^r*b^(n-r)=Σ[r=0->n]n!/(n-r)!r!*a^r*b^(n-r) 

P.P.S

記法として、nCrを(n,r)なんて縦ベクトルみたいに書いたりすることもある。

初心

とりあえずブログを始めるに当たり
「初心」を定義しておこう。

何事も「目的」というのは大事である。

「WANT TO DO(Big Why)」を書き出してみる。
・自分の生きているという証拠を残す。
・自分が学んだことが世の中の一人にでも役に立って、できれば、その人の人生の転機にすること。
・(こんなことは今想像もできないが)書籍化されること。
・自分(ore)が社会的な存在として、成長すること。
・1つの投稿で、話が完結していること。
・読み手を意識した伝えようとする意思のある文章を書くこと。
・可能限り、図・写真等を入れること。

とりあえず、こんなもんだろうか。
いろいろ学びたいことはあるが、なるべくカテゴライズして
分かりやすくなるようにしたい。